銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

月の下に秘める恋のような 【ochocoyaさんとのコラボレーション陶器】

f:id:neri140:20160330104858j:plain

おちょこやさんの陶器に

絵を付ける作業は

たのしい

焼き上がりを待つ時間は

フィルムカメラの現像待ちの

時間に似てる

撮影ではいつもがっかりしていたけれども

陶器の上に流れる筆の跡は

意図しない趣を創りだす

黒土の上に

ゆらゆらと咲いた花の絵は

ふたりが別々に

同じ名を考えてた

「月下美人」と