銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

2016-03-31から1日間の記事一覧

すこし祈ってみたこと

墨絵のキャンドルをつくったゆらゆら揺れる炎に冬の綾部の薪ストゥブを想い出した。火を観ることはとてもプリミティブな娯楽なのだ。火、と、音太古から神の場所には火、と、音祈るように描きたい。とりとめもなくそう想った。