銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

六月の温度

f:id:neri140:20190607110755j:image

 

雨の匂いのする午前

 

部屋のあちこちに生まれる

 

仄昏いもあもあ

 

闇に育つ前のちいさな塊

 

なにか懐かしい

 

子どもの頃の風邪のおふとんの中

 

遊びつかれた夕暮れの帰り道

 

会った気がする

 

馴染んだ温度の

 

ちいさな昏いもあもあ