銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

変態【蛹の中の幼虫は安らかなのか?】

f:id:neri140:20150413140730j:plain


青虫の眠りが覚めたら

すでに華麗なる蝶なのだという夢を

蛹の中のモノはみていない

そのような約束を神はしない

殻は柔らかすぎて鎧にはならない

あやふや過ぎてゆりかごにもならない

ただ、閉じるという意思表示にすぎない


閉じた世界にも

外界の音は明確に透けて届く

そのものは

不安と恐怖にのたうちながら

粛々と時を編む

内に溜める精神だけが

この変態の糧なのだ