銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

椰子の木は唄う、南風は運ぶ。唄は滑らかな海をわたる。

f:id:neri140:20170618131425j:image

 

南の島の家に

 

波と風を描きたいと思った。

 

風は扉を開けてすぐの玄関に。

 

波は横たわり休む間に。

 

風は細い空気の動き

 

椰子の木にまとわり

 

島の記憶を運ぶ。

 

海岸に寄せる波が

 

風の中に

 

潮をのせる。

 

そんな筆の運びを想う。

 

山に守られて育ったわたしは

 

海をよく識らない。

 

山を越えて内陸に吹く風は

 

どこか滋養を湛えている。

 

島に来る風は

 

どこか肉を削ぎ落とした

 

晒さな音がするのではないか

 

椰子の葉を通り過ぎる時も。

 

 

 

 

保存