銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

時間が足りない夏に小さな別離をいくつか課す

f:id:neri140:20170522015311j:image

 

にぎわいの家の蔵展示。

 

茶屋町のスロウデイ。

 

そこに割り込む沖縄のゲストハウス。

 

こんなことばかりしていたら

 

楽しすぎて破産しそうな予感、

 

今日

 

やることを選ぶべきという言葉をもらった

 

そうなんだろうなと

 

少し前からわたしも

 

どこかで気がついていた。

 

自分のなかで

 

少しでも「ん?」て感じたら

 

出しかけた一歩は

 

引っ込めてもいいのかもしれない

 

時間だけが

 

平等に24時間しかないとしたら

 

もっと描く時間をつくるべきなんだろな

 

半年前、今年こそ

 

腰をすえて描くことと向き合おうと

 

思っていたはずだったが

 

今まではかからなかった声があちこちから

 

そうなると

 

持ち前のもったいない精神稼働。

 

もったいない精神は

 

よくないよ。

 

捨てることこそ

 

誠意。

 

あらゆる意味で。