銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

逃亡したいような四月

f:id:neri140:20170421072334j:image

 

五月の準備をしつつ

 

六月のことを考え

 

四月の仕事が収まることに胃を痛める。

 

 じゅうぶん

 

勤勉ではなかろうか。

 

緩急ない勤勉さだ。

 

家の中でくるくる時計が回っていく

 

時間が足りないことに

 

腹をたてるがその怒りに行き場はない。

 

気がついたら

 

桜は散ってる。

 

そんなことでいいのか

 

とにかく、

 

まったく気持ちが進まない。