読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

夏のはじめの水の匂いと目的の定かではない遠泳

夏の手前の

すこし長い夕暮れ

水の匂いは

どこかで降った雨を

風が運んできたのか

それとも

記憶の中のプールの匂いか

同じことを繰り返す毎日が

だいたい人生だとしたら

いまは予測のつかない波の中

ただ精一杯泳いでる

金づちなんですけど

奇跡的に泳げている

どこにたどり着くか

そもそも何処を目指しているのか

わからん。けど、出来るだけ遠くに。


f:id:neri140:20141102165542j:plain