銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

連鎖、また連鎖。

f:id:neri140:20160413151026j:image

一昨年の秋に

奈良公園で紅く散っていたのが

愛おしくて

拾い集めて糸でつないだ

そのまま紅葉は

私の壁で枯れていった

ひとつ

たった一歩とか

たった一言とか

たった一度のたまたまとか

そんなことが

繋がって跳ねていく

それはまわりにも

音叉の振動のように連鎖して

まわりじゅうが

なんだかえらく

跳ねている。