銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

それはとても近い場所にある【the Birthday 現場で】

f:id:neri140:20160405232625j:plain

描く後ろ姿を

観ることはない

こんな風に描いてるんか

大きなものを描くのがただ好きで

大きな白いモノ見ると

気持ちがわーってってなる

描くのがうれしくてうれしくてうれしくて

けど、

これはショウなんやなと

打ち合わせの間身にしみる

私はタレントじゃない

そういう才がない

どう魅せたら、というのは

難しい

ソレ考えながらは描けない

いや、描きだすとソレ忘れる。

絶対忘れる自信ある。

自分も作品にする。

そう思ってやろう。

作品の中に入る。

和太鼓に合わせたいと思ったのは

描いてるときに

打楽器のリズムが体の奥で鳴ってるような気がしてたから

ものすごく昔の

焚火の前で神様に祈るような

ドラムの音

工場から帰ってから

胸の奥でなんか鳴ってる

4月23日。

 

「the birthday」
京橋の印刷工場跡でのアートイベント