読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

制作

脳内花園

どうも最近脳みそがラテンです

風の強い日に描いた黒いモノと飛ばされた白いモノ

風が強いのは 気圧の変化 この国の南で起こっている天災のせいのような そんな気がして 伝えられる荒ぶるものを いつの間にか描いていた このまま50メートル描いてしまいたい。

すこし祈ってみたこと

墨絵のキャンドルをつくったゆらゆら揺れる炎に冬の綾部の薪ストゥブを想い出した。火を観ることはとてもプリミティブな娯楽なのだ。火、と、音太古から神の場所には火、と、音祈るように描きたい。とりとめもなくそう想った。

月の下に秘める恋のような 【ochocoyaさんとのコラボレーション陶器】

おちょこやさんの陶器に 絵を付ける作業は たのしい 焼き上がりを待つ時間は フィルムカメラの現像待ちの 時間に似てる 撮影ではいつもがっかりしていたけれども 陶器の上に流れる筆の跡は 意図しない趣を創りだす 黒土の上に ゆらゆらと咲いた花の絵は ふた…

はじまりとおわり。そしてめぐる【奈良のゲストハウス OKU襖絵】

一の襖はじまり。一。そこにたしかに在るもの。春日の山並みを一に見立てて描く。山から空に帰る水の成る雲。 結の襖終末。まる。花玉。無。花は無が孕む命。種になる前のまだ象のない花。花は無がみた夢のかたち。 巡りの襖あうん。それはめぐる。円。円に…

稲穂を吹く風【綾部の家 カミュータ】

空から降りてきて 稲穂を駆け抜ける風は その年の豊穣を 慶んでいる ことしの書き初めは 綾部から 綾部の家 カミュータの襖絵