銀練墨色

白と黒の間に世界は無限に在る

夏の明け方にみた長い夢

個展前のアトリエのように雑然と散らかった夢だったが、いくつか印象的な箇所があった。 またも美大に在学中という設定だ。 10代に戻ったわけではなく、今の私で、そして筆を探している。 広く近代的な校舎の中でMさんに会い、立体作品を作るという彼女にス…

目的地の途中の降りたことのない駅で次の電車を待つ間

風の森という名前の美術館に 行く時間をやっと見つけた。 展示会の予定が来週まで延びて 搬出の日が1週間延びたのだ。 3時間かかるというので 朝から遠足の気持ちで リュックサックに 心持ちうきうきを詰め込み 電車を乗り継ぐ。 初めて降りる駅のホームの…

椰子の木は唄う、南風は運ぶ。唄は滑らかな海をわたる。

南の島の家に 波と風を描きたいと思った。 風は扉を開けてすぐの玄関に。 波は横たわり休む間に。 風は細い空気の動き 椰子の木にまとわり 島の記憶を運ぶ。 海岸に寄せる波が 風の中に 潮をのせる。 そんな筆の運びを想う。 山に守られて育ったわたしは 海…

六月の青い水の底

ふたつの大きな出し物を終えて もう夏には何もしない。 ずっと水面でぷかぷか浮いていた 「やりたい事の泡」が ゆっくりと丸くなって 水の底に落ちていく。 すとんすとんと 綺麗な丸になって、しばらくそこで熟すのだ。 泡が「実になろう」と決まるのは 決意…

南の島の端っこに風の通る道をみつけに

走るときは 前を見ていないと 時々危ないわけなのだが 何かにぶつかったり 道を間違えたり そういう類の失敗について。 しかしながら ここ数ヶ月は 走りながら見ているのは前でも後ろでもなく 横でもなく 私自身のなかだ。 今走っている道と 私の中にあって …

時間が足りない夏に小さな別離をいくつか課す

にぎわいの家の蔵展示。 茶屋町のスロウデイ。 そこに割り込む沖縄のゲストハウス。 こんなことばかりしていたら 楽しすぎて破産しそうな予感、 今日 やることを選ぶべきという言葉をもらった そうなんだろうなと 少し前からわたしも どこかで気がついていた…

逃亡したいような四月

五月の準備をしつつ 六月のことを考え 四月の仕事が収まることに胃を痛める。 じゅうぶん 勤勉ではなかろうか。 緩急ない勤勉さだ。 家の中でくるくる時計が回っていく 時間が足りないことに 腹をたてるがその怒りに行き場はない。 気がついたら 桜は散って…

ひざをやわらかく曲げる四月

ここ数年ひかなかった風邪を、二月と四月に続けてひいた。風邪を理由に 花冷えの雨の日にぬくぬくと眠る。コップに溢れそうな水の底に膝をかかえて眠る。目覚めたら、薄暗がりの部屋は時間もわからないからまた眠る。魔法にかけられたように、眠っても眠って…

走りながらはじまった2017年と「いつかしの月」のこと

「いつかしの月」という物語を舞台の上に乗せた。歌とかたりの公演。そのことについてすこし書きたい。額田王のファンタジーは、ほんとうはSFとして書いていて、歌語りのメンバーとの話し合いで万葉をテーマにすると決まった時額田で書くしかできないだろう…

作りかえられた記憶とかつての約束と幸せの城について

しあわせ。 と不幸せ。 それを決めるのは自分だよと言えば、 それは諦めろとか、 高望みするなとか。 そう言うことなら違う。 しあわせは誰かにしてもらうものではなくて 自分が作り上げる城。

終わりであり始まりであること-風姿花伝-

終わった。 とても成しえそうになかったことが プロの手によって仕上げられていった。 その中に投げ入れられて、光栄でした。 そしてこの日、自分の世界がすこし動いた。ひとつ終わりそこからまたいくつもの縁が生まれる時々問う私は与えられているチャンス…

まぐろは泳ぎながら寝て、私は夢の中でもつくる。

綱渡りのようにぎりぎりのところで時間に間に合わせていくちよっとできた隙間にいろんなことが割り込んでくる 欲張りなのか下手くそなのか ただ 忙しいことを言い訳にするのは なんか負けたような気がして 体育会系なかんじで つくることをしてるとなんかぱ…

花火と金魚

郡山の夜が終わった。 夏休みの宿題を ひとつひとつ終えていく ちがうのは 終わったらまた 次の宿題が生まれること

何曜日だっけ

七月にはいり時間ができるどころかナイアガラのような勢いで時が垂直落下で流れていく仕事部屋にクーラーがないので汗も流れていくまだ夏は終わらない

夏のはじめの水の匂いと目的の定かではない遠泳

夏の手前のすこし長い夕暮れ水の匂いはどこかで降った雨を風が運んできたのかそれとも記憶の中のプールの匂いか同じことを繰り返す毎日がだいたい人生だとしたらいまは予測のつかない波の中ただ精一杯泳いでる金づちなんですけど奇跡的に泳げているどこにた…

巣にもどる六月

夏は墨が腐るので去年、ちいさな冷蔵庫を買った。 屋根裏の一番暑い私のアトリエ 私の巣。 四月と五月、飛び続けた翼を 休める六月 ほんとうに休めるかどうかは別として 出し尽くした・・・・ 巡業した・・・・ 描きたい。 巣にもどって描きたい。

生まれた町

木漏れ日の揺れる道 階段のコンクリから伸びる草 坂と信号 学園前をあるく 生まれた町 あやめ池小学校 伏見中学 一条高校 京都の短大 大阪の会社 いつも学園前はおかえりと 言っていた 近商ストア 1番はしっこの店は本屋さん パーラー プリンに憧れた 百楽 …

壁、また、壁、のクエスト消化中

子供の日 小さな草花が路地に咲く長屋のゲストハウスのお庭でゴンチチをかけながら小さなお花の絵を描いた空から光は溢れていて甘い白ワインを飲みながら人々はにこにこして 金色のお休みという名前にふさわしいよな一日。次の日いつのまにかメンバーに入っ…

脳内花園

どうも最近脳みそがラテンです

-the birthday- 夢のあとさき

印刷の変遷は 内側から見ると手工業から機械化をのぼりつめた後、デジタル化していった アートを 特殊な階級の人たちの元から町の人々が楽しむものへ 広めていったのは印刷だ。 ミュッシャからカッサンドラ。 大好きな作家たちはそこから出てきた。 Gデザイ…

黒に潜る

去年、にぎわいの家で展示した屏風を すこし我儘をいい なおしてもらいました やはり 縁がないほうがすき せっかくつけてくれたに ごめんなさい 黒の懐というタイトルで 描いたこの屏風は なんだか水の中に 潜るような風にみえる 私が 潜りたいからかな。

篭の底にうずくまる

墨いがいのお仕事も少ししなくてはと 今日は 頑張ってみました デザインしたり 記事を書いたり 構築したり そゆことは 簡単に出来ちゃうのに 描くのは時々 果てしないことのように 思える 描きたいものが 像として現れるのは まだ時間がかかるのだろうと思う…

墨春の宴-高取町夢想館で作品展

フライヤーをつくるのが 最近、めっさはやくなった。 100本ノックみたいな イベントつづき。 クオリティ落ちてないか 気をつけねば。 もちろんSumihiko(絶賛どさまわり中) camp-fire.jp も展示。

風の強い日に描いた黒いモノと飛ばされた白いモノ

風が強いのは 気圧の変化 この国の南で起こっている天災のせいのような そんな気がして 伝えられる荒ぶるものを いつの間にか描いていた このまま50メートル描いてしまいたい。

明日香の春、いざよいの和藝

搬入が無事に終わりました 墨絵と おちょこと 木工芸 カフェの各テーブルにも 小さな展示を置きました。 写真は 「薔薇を浮かべて」 テーブル毎に違うので 店内回ってみてください 正面には去年のにぎわいの家の 展示の屏風を少し変えて頂きました。 去年の…

戦闘服

ニッカポッカは とても機能的にすぐれています。 ゆとりのある膝まわりは 立ったり座ったり屈んだりしゃがんだり あらゆる動きを圧迫せず タイトに締まった足首は動きを邪魔しないとともに 足元に置かれた道具を絡めとることもなく しかも、大きなお尻をすっ…

鳩と鴉と鯖猫

一匹の鯖猫が庭の物置きの中で仔猫を産んだのは昨年の夏家族はいつか巣立ってお母さん猫のだけご飯を食べに来るようになった野良猫の彼女は決して触らせてくれることはないが扉を開けたら外から出入り自由なリビング横のサンルームとリビングの私達と同じ時…

連鎖、また連鎖。

一昨年の秋に奈良公園で紅く散っていたのが愛おしくて拾い集めて糸でつないだそのまま紅葉は私の壁で枯れていったひとつたった一歩とかたった一言とかたった一度のたまたまとかそんなことが繋がって跳ねていくそれはまわりにも音叉の振動のように連鎖してま…

遠くに見上げる高い山

恩師が 作品展をされたので 観に行ってきました。 去年FBでつながって以来、 観ていてくださっているようで 墨で作品をつくっていることも 知っていてくださって 「けど、やっぱりデザインの要素が強いと思うわ」と おっしゃった。 自分の根っこは「デザイナ…

明日の日記

WIXとBASEを駆使して、二つのサイトを同時制作した。放置しすぎている自分の作品サイトとオンラインショップ そして 明日からは ちゃんと作品展とライブの用意をします。その前に部屋を掃除します。 明日の日記やん、これ。

時間はかつてしずかに流れていた

2012年の個展での作品 「時をとじる」という制作 庭の梅の木の下に攪拌した紙を置き 落ちてくる実 飛んでくる葉 期待はできないけど、猫の足跡など 捕獲してみようという時間をテーマにした作品をつくった 閉じ込めた梅の実は 紙の中で朽ちて粉々になってい…

予言してた

墨で作品を作り始めたころ ブログ用に描いたイラスト(苦笑) 当時は こんなでかい筆持ってなかったんだけど このころ 着るあてもなく ニッカポッカを買いに 新世界に行った いわゆる 「後から結果がついてくるタイプ」

それはとても近い場所にある【the Birthday 現場で】

描く後ろ姿を 観ることはない こんな風に描いてるんか 大きなものを描くのがただ好きで 大きな白いモノ見ると 気持ちがわーってってなる 描くのがうれしくてうれしくてうれしくて けど、 これはショウなんやなと 打ち合わせの間身にしみる 私はタレントじゃ…

ちいさいころは神様がいて

小学校のとき 「将来の夢」を寄せ書きに書いた まだおぼえてる そのころ 一条ゆかり先生の「デザイナー」て漫画 脳天をぶち割られるほどショックをうけた 絵が好きやったら「画家」か「絵の先生」 それしか情報がなかった わたしの子供のころ そんな仕事があ…

白いトルソーをくろく塗る春

お花見をあきらめて展示会に使うトルソーの白いのが嫌で艶消の黒に塗る風が花の香りを運んでくる足元に投げ出した鉢植えに風か鳥が種を運んで花が咲くお花見に行けなくても春の欠片をみつけた

GODIVAの薔薇

ゴディバの箱に入った小さな土の薔薇を打ち合わせの場所まで持ってきてくれた。谷9のギャラリーで23日のイベントに出る裕吉さんに会ったお互いにどこかで会ったかなと思いながら作品展かぶりは自分だけじゃなかったがんばろう

アートなんて。デザインなんて。伝統の前では小さなこどもにすぎない

揺るぎなき歴史 それは 丁寧に積み重ねられた いちにちの 気が遠くなりそうな地層 その 堅いぢめんの上に 豊かな実りがある 堅い地盤の上にあるのは 飾られた景色じゃなくて 生きてるモノたち このたしかな地面は わたしたちの革命など もろともしない。 だ…

すこし祈ってみたこと

墨絵のキャンドルをつくったゆらゆら揺れる炎に冬の綾部の薪ストゥブを想い出した。火を観ることはとてもプリミティブな娯楽なのだ。火、と、音太古から神の場所には火、と、音祈るように描きたい。とりとめもなくそう想った。

月の下に秘める恋のような 【ochocoyaさんとのコラボレーション陶器】

おちょこやさんの陶器に 絵を付ける作業は たのしい 焼き上がりを待つ時間は フィルムカメラの現像待ちの 時間に似てる 撮影ではいつもがっかりしていたけれども 陶器の上に流れる筆の跡は 意図しない趣を創りだす 黒土の上に ゆらゆらと咲いた花の絵は ふた…

墨色のできるまで

黒と鼠を出すためにつくられるたくさんのいろモノクロの墨絵を再現するためにつくられた何版もの版一枚に何人もの職人さんの手が必要なのか私の原画がテキスタイルになるまでかけられる人と手間泣きそうになった。ありがたくて。

the birthday 【鶴身印刷株式会社】 

昭和を支えた工場が終わる どの道具も ずっしりと こなしてきた仕事の量を 物語る もう動いていない工場の 胎内は 私たちにはまだ どくどくと 流れる血の音が 聞こえていくかのようだ これは弔いの儀式ではないと 暗黙の裡に 皆がかんじた 工場から帰る道 そ…

はじまりとおわり。そしてめぐる【奈良のゲストハウス OKU襖絵】

一の襖はじまり。一。そこにたしかに在るもの。春日の山並みを一に見立てて描く。山から空に帰る水の成る雲。 結の襖終末。まる。花玉。無。花は無が孕む命。種になる前のまだ象のない花。花は無がみた夢のかたち。 巡りの襖あうん。それはめぐる。円。円に…

早春の庭

お天気はわりといつも味方のほう この日も 二月だとは思えない日差しの温かさきらきらと光る水面と白梅の清らなふくらみライブの準備をしていたら 「はるかすが映る場所どこですか」と聞かれた。パワースポットなんだって昨日みつけた、池の横の道をおしえて…

稲穂を吹く風【綾部の家 カミュータ】

空から降りてきて 稲穂を駆け抜ける風は その年の豊穣を 慶んでいる ことしの書き初めは 綾部から 綾部の家 カミュータの襖絵

黒の懐【奈良町にぎわいの家】

黒。 墨の黒のなかにも 淡い、濃い。 切り文字の落とす影にも 揺らぎがあり 黒はすべてを否定しない。 黒の中にみんなある。 「黒の懐」 奈良町にぎわいの家でのインスタレーション